関西ロボットワールド2021

第5回 サービスロボット展 第4回 産業用ロボット展 第2回 次世代モビリティ展

THK株式会社 RobiZy 共同出展


※6月10日・11日開催予定でしたが、延期になりました。

『関西ロボットワールド2021』

第5回 サービスロボット展、第4回 産業用ロボット展、第2回 次世代モビリティ展

 日 程:2021年8月26日(木)・27日(金)

 会 場:インテックス大阪

ロボット・モビリティ専門セミナー

8月26日(木) 12:00~13:00

『腰を守る!アシストスーツの選び方 作業効率向上と労災軽減に向けて』

逢坂 大輔 氏


株式会社シーエフロボタス 代表取締役

RobiZyアドバイザー

NPO法人日本ロボットリハビリテーション・ケア研究会 世話人

ここ数年で出揃ってきた感がある腰用アシストスーツ。大企業から農業現場まで幅広い業界で導入が進んでいます。

今回は、製造業や物流業、農業といった作業現場へのアシストスーツの導入に向けた機種選定のポイントや対象となる作業特性についてお話をします。

作業の効率化を図るとともに、腰を守る発想などの労働安全衛生の観点からもアシストスーツの導入をお話ししたいと思います。

また、作業支援用途以外に、コロナ禍で課題となった健康づくりの場面で活用されている事例などもご紹介したいと思います。

8月27日(金) 12:00~13:00

「業種・業界別のロボット導入事例」

北河 博康 氏


株式会社MOGITATe 代表取締役社長

RobiZy創設者

コロナ禍で、省人化・無人化のニーズが高まり、医療・介護、農業、建設、物流・倉庫、飲食店など様々な業種・業界においてロボットが急速に普及しています。また、ロボット普及を支える周辺の技術(例えば、自動運搬ロボットが読み取るマーカーを剥がれにくくする印刷技術など)や運用ノウハウが整備されつつあります。

長年に亘り、各種ロボットの開発・社会実装を支援し、豊富な実績と幅広いネットワークをベースに、NPO法人ロボットビジネス支援機構(ロビジー)を創設した講師が、具体的なロボット導入事例を中心に説明します。自社の業務でロボットを有効に利活用し、『勝ち残る』ためのヒントを見つけてください。