ここから始まる

サービスロボットビジネス

特定非営利活動法人ロボットビジネス支援機構(RobiZy)は

サービスロボットビジネスに関わる方々をつなぎます。


2016年1月 RobiZyプロジェクト(任意団体)としてロボット業界の活性化を目指すべく立ち上がりました。2017年10月 特定非営利活動法人(NPO法人)化しました。

RobiZyは、企業、団体、大学、行政機関等と連携し、ロボットビジネスに関する調査研究・事業活動の支援を展開することにより、ロボット(IoT、AIを含む)分野の活性化・高度化を促し、安全・安心で円滑・継続的なロボットビジネスの実現を図ることを目的として活動しています。

是非、RobiZyに参加し、ロボットを利活用した、明るい未来をつくりましょう!

◆新着イベント

開催日時:2021年 9月 29日() 13:30~14:30

参加方法:Zoom

開催日時:2021年106日(水) 16:00~18:00

参加方法:Zoom

【会員向け】

開催日時:2021年 9月 24日() 15:30~17:30

参加方法:Zoom

【会員向け】

開催日時:2021年 9月28日(火) 15:00~17:30

参加方法:Zoom

【会員向け】

開催日時:2021年10月 28日() 15:00~17:00

参加方法:Zoom

◆メディア掲載

日刊工業新聞

『災害への備え~ロボットと共に~

宮崎県都城市(RobiZy特別会員)へのインタビュー寄稿記事が掲載!


日刊工業新聞『次代をつくる』の連載回目今回は宮崎県都城市の職員の皆さまへのインタビューをまとめました。災害の備えに対するロボット利活用について、現場の課題や想いを交えた内容になっています。災害時支援協定へ参画する企業は引き続き募集しております!

記事はこちらからお読みいただけます!



日刊工業新聞

『フィットネスクラブで健幸創出~人間とデジタルの融合~』

セルヴァンスポーツ(RobiZy正会員)へのインタビュー寄稿記事が掲載!


日刊工業新聞『次代をつくる』の連載2回目。今回は株式会社セルヴァンスポーツ東海林社長へのインタビューをまとめております。経営者視点でのデジタル活用について、想いや課題を交えて語って頂きました。健幸創出に向けて、一緒にデジタルを活用した取組みを推進する仲間を募集しております!


記事はこちらからお読みいただけます!


日刊工業新聞

完全無人、次世代DC創出

NTTリミテッド・ジャパン(RobiZyユーザーサロンメンバー)へのインタビュー寄稿記事が掲載!

日刊工業新聞『次代をつくる』の連載3回目。今回はNTTリミテッド・ジャパン(RobiZyユーザーサロンメンバー)の皆さまへのインタビューをまとめました。「完全無人、次世代DC創出~通信インフラ設備運用、ロボで変革~」をテーマに、サービスロボット導入時の想いや課題、将来の構想を語って頂きました。

▶記事はこちらからお読みいただけます!


日刊工業新聞

『客室清掃・設備管理などロボ活用

ケービックス(RobiZy正会員)へのインタビュー寄稿記事が掲載!

日刊工業新聞『次代をつくる』の連載4回目。今回はケービックスの今野様へのインタビューをまとめています。客室清掃や設備管理などのアウトソーサーとしての焦り、また現場の様々な想いにどう対応しロボット利活用を進めていくのか、今野氏に語って頂いております。

▶記事はこちらからお読みいただけます!


日刊工業新聞

祖父母のDXに驚き』が掲載!

日刊工業新聞『次代をつくる』の連載5回目。今回の寄稿記事は趣向を変えて、RobiZy事務局 若林氏の家族に起きたDXの体験を記しています。お時間ある際にでも読んで頂けると幸いです!

記事に出てくるスマートウォッチは…アドダイス(RobiZy正会員)のResQ Bandになります!

▶記事はこちらからお読みいただけます!


日刊工業新聞

虫取り・草刈り・配送 ロボ、農業の“救世主”に

スガヤファーム(RobiZyユーザーサロンメンバー)へのインタビュー寄稿記事が掲載!


日刊工業新聞『次代をつくる』の連載回目。今回はスガヤファームの菅谷様へのインタビューをまとめました。農業における課題感やロボット利活用の提言を頂いております。


▶記事はこちらからお読みいただけます!

◆RobiZyの災害時支援協定

「災害時支援協定」では、ロボット全般での災害時支援を行います。


◆RobiZy東北サテライトを開設しました

山形県東根市 に オープンした「スマート農業コミュニティ サロン納屋ラボ」内 に 、RobiZy東北サテライトを開設しました。

RobiZyの東北での活動拠点となるイノベーションラボ「納屋ラボ」(山形県東根市中央2丁目15)および東北サテライトが、2021年4月9日オープンしました。

納屋ラボでは、持続可能な農業の実現を目指し、スマート農業の普及・促進のために情報提供、各種相談を承ります。スマート農業やサービスロボットの実機を展示して「体験スペース」の機能も保有しています。ビジネスソリューションパートナーズ合同会社、株式会社のうぐばこがスタッフとして常駐します。

そして、この納屋ラボ内に、RobiZy東北サテライトを開設しました。農林水産部会では当サテライトを活動拠点とし、RobiZyの東北での活動を行います。

お近くにお越しの際にはぜひお立ち寄りください。

湘南アイパーク内のRobiZyシェアオフィスへの入居者を募集しています!

ヘルスケア分野のロボット等の実証実験フィールドやビジネスパートナーを探している企業は、是非、RobiZyシェアオフィスへの入居をご検討ください。入居条件等の詳細は別途ご説明します。

入居を検討される方はお問合せフォームより「シェアオフィスの件」のタイトルでご連絡ください。

◆活動事例

2020年度RobiZy理事会・総会レポート

2020年5 月29 日(金) 2020年度総会・理事会・総会記念セミナーを開催しました。

RobiZy設立2周年記念シンポジウム&交流会

会員企業・団体、ロボット関係者、ならびに行政機関の方々に参集いただき、講演、ポスター・ロボット展示を通して、RobiZy会員の取組み内容や方針等を紹介しました。

バナー掲載のお願い

詳細はこちらから。


お問合せ

☎ 03-4520-5045(平日 10:00~17:00)

※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、テレワーク体制を敷いております。問い合わせフォームでのお問合せにご協力ください。

問合せフォーム

〒101-0052 東京都千代田区神田小川町2-10 香取ビルアネックス8階